副業

【比較】クラウドソーシングサービスって何?手数料や取引の流れを初心者向けに解説!

クラウドソーシングサービスって何?

クラウドソーシングサービスは、オンラインにて、オンラインで行える仕事のスタッフを募集・応募することが出来るサイトです。

クラウドソーシングサービスを利用する場合、仕事を依頼するクライアント、仕事に応募するクラウドワーカーの、どちらかの立場で登録を行うことになります。

システムの利用料は無料ですが、報酬金額の5%~20%が手数料として引かれます。

募集している仕事の例
  • YouTube動画へのナレーションスタッフ募集
  • ホームページを作ってくれる方募集
  • iPhoneのアプリを作ってくれる方募集
  • アンケートに参加してくれるモニター募集
無料で簡単にオンライン求人・応募ができるってことだね!
その分、手数料としてクラウドソーシングサービス側に報酬の1~2割ほどを持っていかれるよ!

登録に必要な物

基本的に、どのクラウドソーシングサービスも無料で利用することが出来ます。スキルさえ持っていれば、どなたでも収入を得ることが可能です。(18歳未満は利用不可)

必要な情報
  1. メールアドレス
  2. 氏名・住所
  3. 銀行口座

取引の流れ

料金の支払いに関しては、クラウドソーシングサービスの仲介することで、本名・口座番号などの個人情報を提示せず、スムーズに行うことが可能になっています。

取引の流れ
  1. クライアントが仕事を依頼
  2. クラウドワーカーが応募
  3. お互いの同意で契約成立
  4. クライアントが仮契約金を払う
  5. クラウドワーカーが納品を行う
  6. クライアントが受け取り報酬を渡す
  7. 取引完了

仕事の採用形式

クラウドソーシングサービスには、4つの採用方式が用いられています。クライアントの募集内容にによって選択されている方式が異なる為、覚えておきましょう。

4つの採用形式
  1. タスク方式
  2. コンペ方式
  3. プロジェクト方式
  4. 時間制方式

タスク方式

多くのクラウドワーカーを採用する方式です。アンケートやライティングなど、多くの人材が必要な場合に用いられます。

コンペ方式

多くのコンテンツの中から優れたものを採用する方式です。公募やオーディションに似た方式で、ロゴやキャッチコピーなど、デザイン系の仕事に向いています。

プロジェクト方式

見積もりや計画に合った人材を採用する方式です。ライターや動画クリエイターなど、中期的~長期的に契約を結びたい場合に用いられます。

時間制方式

作業時間に対して報酬を支払う時給方式です。時給の計測は、オンライン上のタイムカードアプリを使用します。

クラウドソーシングサービスを比較

クラウドソーシングサービスは数多く存在し、サービスによって扱っているジャンルや手数料などに違いがあります。その中でも人気の高い3つのサービスを紹介したいと思います!

CrowdWorks(クラウドワークス)

1円~10万円の部分 契約金額の20%
10万円~20万円の部分 契約金額の10%
20万円以上の部分 契約金額の5%

Craudia(クラウディア))

1円~5万円の部分 契約金額の15%
5万円~10万円の部分 契約金額の10%
10万円~100万円の部分 契約金額の5%
100万円以上の部分 契約金額の3%

Craudia(クラウディア))

1円~5万円の部分 契約金額の15%
5万円~10万円の部分 契約金額の10%
10万円~100万円の部分 契約金額の5%
100万円以上の部分 契約金額の3%

CrowdWorks(クラウドワークス)

手数料
1円~10万円の部分 契約金額の20%
10万円~20万円の部分 契約金額の10%
20万円以上の部分 契約金額の5%

利用者No1のクラウドソーシングサービス!

CrowdWorksは、業界ナンバー1、最も人気の高いクラウドソーシングサービスです。仕事カテゴリーは200種類を超え、ユーザー数も300万人以上の超大手サイトです!

CrowdWorks(クラウドワークス)

Craudia(クラウディア)

手数料
1円~5万円の部分 契約金額の15%
5万円~10万円の部分 契約金額の10%
10万円~100万円の部分 契約金額の5%
100万円以上の部分 契約金額の3%

手数料が業界最低水準の破格設定!

CrowdWorksに比べ、若干利用ユーザーは少なく規模も小さいですが、手数料が最高でも15%と、業界ナンバー1とも言える最低水準設定が魅力です。

Craudia(クラウディア))

Lancers(ランサーズ)

手数料
1円~10万円の部分 契約金額の20%
10万円~20万円の部分 契約金額の10%
20万円以上の部分 契約金額の5%

国内初、老舗クラウドソーシングサービス!

Lancersは、2008年に開設された国内初のクラウドソーシングサービスです。老舗さいとなだけあって、サポート対応がどこよりもしっかりしている印象です。

Lancers(ランサーズ)

まとめ

ネット社会である今の時代、クラウドソーシングサービスを用いてフリーランサーとして自宅作業で生計を立てているユーザーも数多く存在しています。

基本どのサイトも無料で利用できるため、スキルを持っている方・スタッフを募集したい方は一度公式サイトを観覧し、登録してみましょう!

【フリーランス】スキルを販売サイト『ココナラ』は儲かるのか?手数料や決算方法を徹底解説!ココナラとは サービス名 ココナラ 利用料金 無料 成人向け 禁止 手数料 10~2...
最新投稿記事