ボイス

歌ってみたの防音対策はどうしてる?歌い手の収録環境の作り方をリサーチしてみた!

歌ってみたの防音対策はどうしてる?

防音対策は難しい!

歌ってみたを収録する『歌い手』にとって、1番の鬼門となるのが防音対策!

芸能人や大手動画主ならスタジオを借りて収録。お金持ちなら分厚い壁の自室で充分。しかし、安いアパートや実家暮らしの一般人の場合、そう簡単に大声を出せる環境を作るのは容易ではありません・・・。

今回は、一般の歌い手が歌ってみたを収録するにあたって『どのような防音対策を行っているのか』『どのような環境で収録を行っているのか』を紹介したいと思います!

歌い手は絶対にDLすべき音声アプリ
Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料posted withアプリーチ

1.吸音材を使う

吸音材・防音材と呼ばれる『スポンジ状のシート』を壁に貼り付けることで、音を吸収し、防音効果を発揮してくれます。

壁一面に貼る

お手軽度
防音効果
かかる費用 2万~10万

シンプルですが、ハサミで大きさを調整し、両面テープなどを使ってペタペタと貼り付けるだけなため、比較的簡単に行うことが可能です。

しかし、少しでも隙間があってしまうと効果が薄れてしまいます。部屋の全面に貼り付けたいのであれば、それなりに費用がかかり、工事にも手間がかかります。

参考動画

クローゼットや押し入れを改造

お手軽度
防音効果
かかる費用 2万~5万

クローゼットや押し入れなどの省スペースに、吸音材・防音材をぎっしりと貼り付け、簡易的な防音ルームを作るといった方法もあります。

2重3重と吸音材を貼り付けることが可能なため、コストを抑えながらも、それなりの防音効果を発揮させることが可能です。

参考動画

ダンボールを使う

お手軽度
防音効果
かかる費用 0万~5万

ダンボールにも、ある程度の防音効果があります。コストは極限まで抑えられるものの、見栄えが悪いのがネックです。

卵用のダンボールパックは、市販の吸音材と似たような防音性能を持っているため、無料で手に入る人は使ってみるのもいいかもしれません。

2.簡易防音ルームを買う

お手軽度
防音効果
かかる費用 15万~50万

防音効果は高いです。隣の部屋への漏れはほとんどなく、思い切って収録することが可能です。しかし、安くても10万~20万円ほどするなど、中々にコストが掛かります。

木材などを自分で用意し組み立て、壁一面に吸音材を貼り付ける、といった方法もあります。予算は4~5万程度で済みますが、作業スペースの確保と、それなりの器用さが必要になります。

だんぼっちを使う

お手軽度
防音効果
かかる費用 5万~10万

ダンボールには高い防音性があると有名です。拾ってきたダンボールを壁に貼り付けるだけでも、まあまあ効果はあります。

だんぼっちは1畳ほどの大きさです。

バラバラの状態で届くので自分で組み立てる必要があります。組み立ては一人でもギリギリいけます!不器用でどうしても難しい場合は、家族や友人に手伝ってもらいましょう!

  

全く聞こえなくなることはないですが、アパートの場合、よっぽど壁が薄くない限り、隣の部屋への騒音は気にしなくて済むレベルになります。

中の様子や、組み立ての様子を上げている動画も参考になります!

150万円する防音ルーム

お手軽度
防音効果
かかる費用 150万~200万

楽器系の有名メーカー『YAMAHA製』の防音ルームを、ゲーム実況・歌ってみた用に購入し、自室に設置するユーザーもいます。

動画を見た感じ、防音性も高く見栄えも良いため、憧れますね!

参考:YANAHA公式サイト 防音室紹介ページ

3.収録場所を変える

カラオケ店で収録

カラオケで収録する場合、人目を気にせず全力で歌うことが可能ですが、廊下や別室の雑音が入ってしまう可能性が高いです。

ただ、店内の環境によっては雑音も大して気にならない可能性もあります。編集次第では、上手いことノイズを消すことも可能なため、現実的な選択肢です。

  • 思いっきり歌える
  • 広いスペースで歌える
  • カラオケ機を利用できる
  • お金がかかる
  • 雑音が入る可能性が高い
  • 録音機材を持ち込む必要がある

スタジオを借りる

舞台や演劇などの稽古に使う、防音性の高い『スタジオ』を借りるという方法があります。カラオケに比べ雑音も入りづらく、のびのびと収録することが出来ます。

「スタジオを借りるのって高いんじゃ・・・」と不安に思う方も多いと思いますが、地域や場所によりますが、大体1時間1000円ほどで借りることが出来ます。

スタジオの借り方は簡単で、お住いの地域+スタジオで検索し、気に入った場所があったら電話で予約するだけです!

  • 思いっきり歌える
  • 広いスペースで歌える
  • 雑音がほぼ入らない
  • お金がかかる
  • 予約がめんどくさい
  • 場所によっては遠出する必要がある
  • 録音機材を持ち込む必要がある

まとめ

正直、スタジオを借りるのは『それなりに人気が出た後』にした方がいいです。新規の歌い手は、しばらくは再生数二桁の下積み生活が続きます・・・。

やはり自宅で録音する方が『時間もかからない』『お金もかからない』『機材を持ち運ぶ必要がない』と良いこと尽くめです。

【2021年版】著作権対策ばっちり「歌い手」になる方法を解説!防音対策やAudacityの使い方を知ろう!歌い手デビューするのにかかる金額 歌ってみたに必要な物は4つ! 録音機材(マイク) 録音ソフト ...
最新投稿記事