動画編集

【Aviutl】ゆっくり動画を簡単に作る方法「ゆくサク」の使い方を解説!

ゆっくり動画を簡単に作る方法

ゆっくり動画は『ゆっくり音声の作成』『音声の読み込み』『字幕の作成』といった感じで、作業量が多く、編集に物凄く時間がかかってしまいます・・・。

・・・が『ゆくサク』という便利な無料ソフトを使用することで『AviUtl』で編集を行う場合に限り、作業効率を格段にアップさせることが可能です!

このページでダウンロードする物
ゆくサク 自動で音声ファイル・字幕を作成してくれるツール
SofTalk 音声読み上げソフト
ゆくサクの特徴
  1. ソフトに文章を打ち込む
  2. AviUtlにドラッグ&ドロップする
  3. 音声ファイルと字幕オブジェクトが自動で追加される

▲『ゆくサク』に文章を打ち込み・・・。

▲『AviUtl』にドラッグ&ドロップするだけ!字幕オブジェクトと音声ファイルが自動で挿入されます。

声のキーや字幕のデザインなど、複数の設定を保存でき、ワンクリックで切り替えることができるため、作業効率を格段にアップさせることが可能です!

参考動画:https://www.nicovideo.jp/watch/sm28584567

1.ゆくサクをダウンロード

配布サイトからファイルをダウンロードしましょう。

2.SofTalkをダウンロード

配布サイトから『ダウンロードはこちら』を選択。

▲上にある『.NET版』をダウンロードしましょう。

3.ファイルを移動

▲2つのファイルを展開し『ゆくサク』内の『softalk』という名前のフォルダを開きます。

▲『ゆくサク内のsoftalkフォルダ』の中身はこんな感じ。

▲別でダウンロードした『softalkフォルダ』を開き、全てのファイルを選択。

▲『ゆくサク内のsoftalkフォルダ』に移動します。

ゆくサクの設定方法

▲『ゆくサク本体(YukkuriUtil.exe)』を開き、適当な文字を打ってみましょう。

▲『AviUtl』を立ち上げ、『ゆくサク』の緑のエリア内でマウスをドラッグし、AviUtlの編集エリアにドロップしましょう。

▲すると、先ほど入力した文章の音声ファイルが追加されたはずです。

続いては、ドラッグ&ドロップした際に同時に字幕オブジェクトが追加される設定を行います。少しややこしいですが、解説を頼りに設定してみましょう!

▲『テキストオブジェクト』を追加し、お好みのカスタマイズを行いましょう。

次回からは、カスタマイズしたデザインがドラッグ&ドロップした際に自動で表示されるようになるため、サイズやフォントの位置など、汎用性の高い設定にしておきましょう。

▲編集エリアの何も無いところで右クリック→『ファイル』→『オブジェクトのエクスポート』を選択。適当なファイル名で保存します。

▲エクスポートしたテキストファイルを開き、以下のような内容に修正します。ちょっとだけ複雑なので気を付けて下さい。

赤い部分を削除し、青い文章通りに変更します。

修正内容

[exedit]
width=640
height=480
rate=30
scale=1
length=28
audio_rate=44100
audio_ch=2【[0]から上のこの部分を全て削除】
[0]
start=1
end=28【end={2}に変更】
layer=1
overlay=1
audio=1
[0.0]
_name=音声ファイル
再生位置=0.00
再生速度=100.0
ループ再生=0
動画ファイルと連携=0
file=C:\Users\YukkuriUtil-ver0.0.11.11\audioout\2021-08-28 15-33-06 6126726.wav【file={1}に変更】
[0.1]
_name=標準再生
音量=100.0
左右=0.0
[1]
start=1
end=28【end={2}に変更】
layer=2
overlay=1
camera=0
[1.0]
_name=テキスト
サイズ=52
表示速度=0.0
文字毎に個別オブジェクト=0
移動座標上に表示する=0
自動スクロール=0
B=0
I=0
type=0
autoadjust=0
soft=1
monospace=0
align=1
spacing_x=6
spacing_y=0
precision=1
color=1260eb
color2=000000
font=Mgen+ 1c black
text=533093306b3061306f300000000000000000000000000000000000000000000000000【text={0}に変更】
[1.1]
_name=縁取り
サイズ=4
ぼかし=10
color=ffffff
file=
[1.2]
_name=標準描画
X=0.0
Y=270.0
Z=0.0
拡大率=100.00
透明度=0.0
回転=0.00
blend=0

修正後の例

[0]
start=1
end={2}
layer=1
overlay=1
audio=1
[0.0]
_name=音声ファイル
再生位置=0.00
再生速度=100.0
ループ再生=0
動画ファイルと連携=0
file={1}
[0.1]
_name=標準再生
音量=100.0
左右=0.0
[1]
start=1
end={2}
layer=2
overlay=1
camera=0
[1.0]
_name=テキスト
サイズ=52
表示速度=0.0
文字毎に個別オブジェクト=0
移動座標上に表示する=0
自動スクロール=0
B=0
I=0
type=0
autoadjust=0
soft=1
monospace=0
align=1
spacing_x=6
spacing_y=0
precision=1
color=1260eb
color2=000000
font=Mgen+ 1c black
text={0}
[1.1]
_name=縁取り
サイズ=4
ぼかし=10
color=ffffff
file=
[1.2]
_name=標準描画
X=0.0
Y=270.0
Z=0.0
拡大率=100.00
透明度=0.0
回転=0.00
blend=0

▲『ゆくサク』右下の『設定』を開き、『Exoテンプレート』内のテキストを全て削除し、先ほど修正したエクスポートファイルのテキストをコピーして貼り付けましょう。

保存は自動で行われている為、右上の罰を押して設定画面を閉じて構いません。

▲先ほどカスタマイズしたテキストオブジェクトが自動で挿入されるようになりました!

複数の声設定を行う

▲『設定』→『追加』から、声設定の追加が可能です。

▲名前の設定をしておくことでわかりやすくなります。

▲声を切り替えたい場合は、下部分のドロップダウンから行うことが可能です。

これにより、複数のキャラクターを用いてのゆっくり動画を作りたい場合、作業効率が格段にアップします!

【背景・エフェクト】YouTubeで役に立つフリー素材サイト10選!フリー素材サイト10選 「凝ったOP・EDを作りたい」 「目立つサムネイルを作りたい」 「シーンチェンジをカッコよ...
YouTube動画にオススメの商用利用可能無料フリーフォント18選!YouTuberが良く使うフリーフォント YouTube動画では、定番になりつつある『字幕・テロップ』の編集ですが、デフォルト備え付け...