ライブ配信

【2021年版】OBSを使った複数サイトの同時配信のやり方!

OBSを使ってマルチ配信を行う方法

例えば『YouTube Live』と『ニコニコ生放送』など・・・、1つの配信ツールで2サイト同時に配信を行いたい場合、一体どうしたらいいか?

今回紹介するのは、無料配信ソフト『OBS Studio』を使った方法です。OBS Studioを持っていない方は『こちらの記事』を参考にしてみて下さい。

【2021年版】OBSを使ったゲーム実況配信のやり方!ダンロード 初期設定を解説!ゲーム実況配信に必要な物 キャプチャーボード パソコンとゲーム機を繋げるための機材。20,000~30,00...
対応している配信サイトの例

メインサイトの配信設定を行う

▲OBSを起動し、左上の『ファイル→設定』を選択。

▲左メニューから『配信』を選択。メインで行いたい配信設定を入力しましょう。サービスから配信サイトを選択し、ストリームキーを入力します。

▲『出力』→『配信』から画質の設定を行いましょう。

複数サイトで同時配信する場合、その分インターネットやパソコンへの負荷は大きくなります。自身の環境に合わせた調整を行いましょう。

設定の目安
エンコーダ NVIDIA NVENC H.264を推奨
レート制御 CBR
ビットレート 2500~5000Kbps
キーフレーム
プリセット Performance(上に行くほど負荷はかかるが高画質)

2つ目のサイトの配信設定を行う

▲『設定→出力』へと進み、『録画』のタブを選択。

▲『種別→カスタム出力』『FFmpegの出力→URLに出力』を選択。ファイルまたはURLの欄に『URLとストリームキーの間に「/」を入れたもの』を入力しましょう。

入力の例
  • ストリームURL:https://kasegitimes.com
  • ストリームキー:aaaabbbbcccc

上記の場合https://kasegitimes.com/aaaabbbbccccと入力。

▲画質・音質の設定を行いましょう。パソコンのスペックやインターネット環境によっては、カクついてし舞う可能性があるため、メイン配信と合わせて微調整を行いましょう。

設定の目安
コンテナフォーマット mp4を推奨
映像ビットレート 2500前後を推奨(メイン配信側との微調整が必要)
キーフレーム間隔 120を推奨
出力をリスケールする カクつく場合はサイズを小さくしましょう
映像エンコーダ 既定のものを推奨

配信を開始する

▲メイン画面の『配信開始』と『録画開始』の2つのボタンをクリックします。

『配信開始→配信設定で指定したサイトの配信』『録画開始→録画設定で指定したサイトの配信』になります。

▲『設定→一般』から『配信時に自動的に録画』にチェックしておくことで、配信開始ボタンを押した際、録画開始も自動で行ってくれます。

複数の配信サイトのコメントを収得する方法

マルチ配信を行う以上、複数のサイトのコメントを収得しなくてはいけません。

下記の記事にて『複数のサイトのコメントを一つのツールで表示させる方法』と『収得したコメントをOBSに取り込む方法』を解説しています。参考にしてみて下さい!

【2021年版】同時配信対応!放送画面にコメントを表示する方法!コメントを放送画面に表示する方法 OBSなどの配信ツール画面に視聴者からのコメントを流すためには『マルチコメントビュー...