ゲーム実況

【2021年版】初心者が簡単にゲーム実況動画を撮る方法!キャプチャーボード『GC550』の使い方を解説!

おすすめキャプチャーボード

実況を撮るために必要な物
  • ゲーム機
  • パソコン
  • キャプチャーボード
  • マイク

ゲーム機の映像をパソコンに取り込むためには、ゲーム機とパソコンを繋ぐための機材である『キャプチャーボード』というものが必要になります。

キャプチャーボードってたくさん種類あるし、どれも2万円近くするから、適当に買って失敗したくない・・・。
それなら僕も使っている『GC550』がオススメだよ!
対応ゲーム 画質 接続 遅延
PS4・PS5・Switch・wiiU・iPhone ・Xbox One・Xbox 360 4K対応 USB 3.0  低遅延

スペックですが、パススルーがどうとか、1080p/60fpsがどうとか、専門用語だらけでわけがわからないと思います、なので要約すると・・・

  • 最高画質で録画・配信できる
  • ゲーム機とパソコンに繋ぐだけなので簡単
  • パソコンに取り込んだゲーム画面にラグがない
  • HDMI接続のゲームに対応
  • 高機能録画ソフトが無料で利用できる
  • HDMIケーブルが付属されている
  • 録画ファイルはAVI形式で保存される

つまりテレビが無くても、ゲーム機とパソコンに繋ぐだけで、高画質かつラグを全く感じずにゲームを楽しむことが出来るんです!

なにより『無料で使える高機能録画ソフト』の存在が大きく、難しい設定をしなくとも、誰でも簡単に実況動画を録画することが出来ちゃいます!

筆者も利用していますが、めちゃめちゃ使いやすいです!

このキャプチャーボードって人気だよね!
多くのゲーム実況者が使っている、ド定番のキャプチャーボードだよ!もちろん、高画質配信にも対応しているよ!
配信方法はこちらから!
【2021年版】初心者が簡単にゲーム実況配信する方法!OBSとGC550を使った配信方法を解説!ゲーム実況に必要な物 初心者が簡単にゲーム実況配信を行う方法を超わかりやすく解説します! 今回紹介する方法は、基...

キャプチャーボードの初期設定

キャプチャーボード『GC550』の初期設定方法を解説します。特に難しい設定は無く、初心者の方でも簡単に使用することが可能です。

キャプチャーボードをPCに繋ぐ

上記の画像の通り、ゲーム機とパソコンに『GC550』本体を繋ぐだけです。外部的な設定はそれだけで完了です。

GC550をパソコンに繋ぐことで自動的にドライバーがインストールされます。もしイントールされない場合は、公式サイトからダウンロードし、手動でインストールしましょう

公式の無料録画ソフトをインストールする

AVerMedia RECentralという、GC550シリーズ専用の録画ソフトをダウンロードします。

『GC550』を購入すると付属で付いていると思いますが、公式サイトでダウンロードすることも可能です。リンク先下部の『ダウンロード』をクリックしましょう。

▲ファイルを実行すると上記のような画面が表示されます。

▲同意するにチェックして次へ。

▲インストール先はデフォルトでOKだと思います。

以上の手順でインストール完了です。

実況動画を録画する

AVerMedia RECentralの初期設定

▲デスクトップにアイコンが作成されるのでクリック。

▲初期設定画面が表示されます。

▲お使いのキャプチャーボード、マイクを設定しましょう。

▲live gamer extremeを選択、マイクはお使いの物を設定。

▲録画される動画の画質を設定できます。後からでも変えられるのでとりあえず『最高』を選択。

▲設定完了です、ゲームを起動してみましょう!

▲無事表示されれば設定完了です!

ゲーム画面が映らない場合

ゲーム画面が映らない場合、何かしらの設定ミスがあると考えられます。

対処法
  1. キャプチャーボードとパソコンを繋ぎ直してみる
  2. HDMIコードを繋ぎ直してみる
  3. キャプチャーボードのドライバーを再インストールしてみる

ドライバーの再インストール方法

▲デバイスマネージャーを開き『サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー』の項目から『live gamer extreme』を選択。

▲右クリックし、プロパティを選択。

▲デバイスのアンインストールを選択し、パソコンを再起動。

キャプチャーボードを接続している状態であれば、ドライバーが自動でインストールされます。

ゲームを録画する

▲右下の録画ボタンを押すだけ!

▲録画した動画は、初期設定だと『ビデオ』フォルダ内に保存されます。

▲長い動画だと相当なファイルサイズになってしまうので注意!

参考:解像度1920×1080・フレームレート30FPS・ビットレート60Mbps(初期設定)でスイッチのスマブラを30分録画したところ、約12GBのファイルサイズ。

ファイル保存用の『外付けHDD』を持っていると、パソコンが重くなりにくく便利です。

保存先を変える

▲左上の歯車アイコンから録画ファイルの保存先を変更することが可能です。

音量を調整する

▲右の音量バーで調整することが出来ます。

AVerMedia RECentralでは『ゲームの音』と『マイクで拾った音声』が、合成された動画ファイルを保存することが出来ます。

マイクでの音声を別で録音したい場合は、音量バーでマイク部分をミュートにし、Audacityなどの無料録音ツールを使うことをオススメします。

iPhoneの画面をキャプチャーする

GC550 PLUS キャプチャーボード レビュー

専用のHDMI変換アダプタを接続することで、iPhoneやipadなどのiOSデバイスの画面をパソコンにキャプチャーすることが可能です。

特に難しい設定などをする必要は全くなく、接続するだけで簡単に画面を取り込むことが可能なため、初心者の方でも安心です!

カメラの映像を合成

▲左上の『マルチモード』を選択。

▲左下のソース部分の『+』をクリックし『デバイス』を選択。

▲接続しているカメラを選択。

▲成功!赤い枠をドラッグすることでサイズを変更できます。

オススメのウェブカメラ

『C922n』は「ウェブカメラを買うならとりあえずコレ!」といった商品です。

カメラの下のカクカクっとしたデザインのおかげで、モニターなどにガッチリと固定することが出来ます!

オススメのウェブカメラ 

『C980GR』はAIによる顔追尾オートフォーカス機能が搭載されています。

こちらも同様、根本がクリップのようなデザインになっていて、どんなモニターにもガッチリとフィットしてくれます!

動画編集方法

無料で利用できる、編集&エンコードソフト『AviUtal』の使い方は、下記の記事にて解説しています、良かったら参考にしてみて下さい!

【超わかりやすい】AviUtlを使って簡単に動画を作る方法 ~動画編集・基本操作編~はじめに このページでは、AviUtlを使った基本の編集操作方法を解説します! このページで解説する基本操作方法さえ押さえておけ...
【超わかりやすい】AviUtlを使って簡単に動画を作る方法 ~ダウンロード・インストール・初期設定編~AviUtlとは? AviUtlとは、パソコンで無料で利用できる高機能動画編集&エンコーダーツールです。初心者でも簡単に高クオリティな...

まとめ

ゲーム実況ブームにより様々なキャプチャーボードが販売されています。

安いけど、評判もわからない未知のメーカーの製品を買うよりは、多くのユーザーが使用する『GC550』の購入が最も安定だと思われます。

録画だけではなく、生配信にも使用することが出来るためオススメです!

【2021年版】初心者が簡単にゲーム実況配信する方法!OBSとGC550を使った配信方法を解説!ゲーム実況に必要な物 初心者が簡単にゲーム実況配信を行う方法を超わかりやすく解説します! 今回紹介する方法は、基...
【2021年版】ゲーム配信で初見が来るオススメ実況ゲーム12選!集客率が高いのは視聴者参加型!視聴者が増えない ゲーム実況を始めてみたものの「視聴者が全く増えない!」と悩んでいる方も多いはずです・・・そんな場合、まずは『集客率の...
最新投稿記事