ガジェット

パソコン画面を録画キャプチャーするソフト「Bandicam」をレビューしてみた!使い方を徹底解説!

Bandicamとは?

キャプチャーしたい範囲をマウスのドラッグで指定し、簡単に録画・保存できるソフトをお求めじゃないでしょうか?

Bandicamこそ、理想の画面キャプチャーソフトだと思います!

Bandicamで出来ること
  • パソコンで表示されいる画面を録画
  • 音声付きでMP4・AVI形式で録画
  • 音声をミュートにして録画できる
  • 録画領域をマウスドラッグで簡単に指定できる
  • 録画領域をワンクリックで指定できる
  • スクリーンショットにも対応
  • ウェブカメラの映像を直接録画できる
  • 外部デバイスの映像を直接録画できる
  • 最大で解像度3840×2160・480fpsの録画に対応
公式動画

まさに、かゆいところに手が届きまくったキャプチャーソフトです!

筆者も長年愛用していますが、パソコンで表示している画面を録画できるキャプチャーソフトの中でも、1番の使い心地だと思います!

無料版・有料版とありますが、まずは無料版で使い心地を試してみましょう!

Bandicamのダウンロードはこちらから!

キャプチャーの仕方

Bandicamは、直感的に操作できるため、これといった説明はいらないとは思いますが、せっかくなので搭載されている3つのキャプチャーモードを紹介したいと思います。

録画範囲を選択モード

▲録画したい範囲をマウスでドラッグするだけの、簡単なキャプチャーモードです!選択範囲の微調整が可能な為、使い勝手がバツグンに良いです!

指定した領域モード

▲録画範囲を初めから設定するキャプチャーモードです。

フルスクリーンモード

▲スクリーン全体を選択できるキャプチャーモードです。

基本的には、マウスドラッグでキャプチャー範囲を指定できる『録画範囲を選択モード』を多用すると思います。投稿動画の作成目的以外にも、動画や配信の視聴中にふとキャプチャーしたくなった時など、瞬発的に録画することが可能な為、オススメです!

Bandicamのダウンロードはこちらから!

画質の設定

▲左メニューの『ビデオ』→『設定』にて、細かい画質の設定が可能です。フレームレートは144、ビットレートは120000まで設定できるため、高画質での録画が可能です!

動画形式 AVI・MP4に対応
フレームレート 1~144fpsまで対応
ビットレート 300~120000kbpsまで対応

▲推奨設定は上記の画像の通りです。

基本的には上記の画像の通り『フレームレート60、ビットレート4000~10000』あたりに設定しておけば間違いありません。

保存形式(MP4・AVI)は、使用用途によって変更しましょう。後々編集ソフトで編集する場合はAVI、そのまま保存・投稿する場合はMP4をオススメします。

スクリーンショットを撮る

▲右上のカメラアイコンをクリックすることで、選択範囲のスクリーンショットを撮影することが可能です。左メニューの『静止画』から、保存画像のフォーマット(BMP・PNG・JPG・JPG高画質)を選択することが出来ます。

保存先の設定

▲キャプチャー映像・スクリーンショットの保存先は、左メニューの『一般』→『保存先』から設定することが可能です。

外部デバイスの録画もできる

▲ウェブカメラの映像や、キャプチャーボードで繋いだゲームの映像など、専用のプレビューソフトを通さず、Bandicamのみで録画することが可能です。

スーパーファミコンや任天堂64など、HDMIキャプチャーボードの録画ソフトには対応していない、古いデバイスを録画したい場合に便利です!

有料版・無料版の違い

無料版には2つのデメリットがあります。

  1. 録画時間は最大10分まで
  2. 録画動画にメーカーのロゴが付く

無料版はかなり制限がきついですね・・・、あくまでお試しといった内容です。もちろん、有料版(4400円)ではロゴは付かず、録画時間に制限はありません。

使い勝手はバツグンに良いので、まずは無料でお試ししてみることをオススメします!

Bandicamのダウンロードはこちらから!
最新投稿記事